東北関東大震災関連情報の投稿コーナー開設

東北関東大震災関係の情報を投稿できるコーナーを開設しました(2011.3.16).

左のメニューから投稿・閲覧できます.このコーナーには会員に限らずどなたでも投稿いただけますが,迷惑投稿を防ぐため,投稿者の実名を添えてご投稿ください.無記名のメッセージは定期的に無断で消去することがあります.

なお,投稿時にご面倒ですが,「HTMLを有効にする」がONになっていることを確認していただけますと幸いです.

ようこそ

このWebサイトは,公益社団法人日本都市計画学会東北支部の活動を支えるためのポータルサイトです.東北支部は,青森,岩手,宮城,秋田,山形,福島,そして新潟を含めた7県の範囲の学会員で構成され,2011年10月3日の日本都市計画学会の公益社団法人化に合わせて正式発足いたしました.

ユーザー登録は左ブロックにある新規登録から行ってください.登録アドレスに届くメールに従って確認をするとユーザー登録がなされ,すべての情報が読めるようになります.最近海外の無関係な発信元からの登録手続きがなされ,無関係なニュースが書き込まれました.そのため,当分の間,アカウント情報の本名と所属先の情報で東北支部の学会員であることが確認できた場合に限り,ユーザー登録を有効化して,書き込み権限を与えることとします.

ID申請後最初にログインした画面などで,左にある「ユーザーメニュー」から「アカウント編集」を選んでいただき,本名と所属の情報を入力してください.

管理者メールアドレス: webmaster (at) tohokucp.sakura.ne.jp (at)を@に書き換えてください。

最近のニュース

  • 東北支部設立5周年記念連続シンポジウム「復興の都市計画・ まちづくり。」 第3回「震災復興からエリアマネジメントへ」 (2016-9-29)
  • 東日本大震災から5年半が経過し、土木インフラの再構築のための復興事業を目指してきたステージから、地域の再活性化を目指す復興まちづくり、そして地域のマネジメントのステージが見えてきています。 そこで、本シンポジウムでは、他地域に比べて比較的早く動いている3つの事例を詳細に学びながら、震災復興からエリアマネジメントにつながっていく課題や論点を整理して、今後の他地域の再活性化に向けた取り組みに対して様々な示唆を得ることを目的とします。
     主催:日本都市計画学会東北支部 協力:大船渡市
     日時:平成28年10月21日(金)- 10月22日(土)
     場所:大船渡プラザホテル
     
     10/21(金)14:30-17:30 シンポジウム
      シンポジウム終了後、交流会(会費4,000円程度を予定)
    パネリスト
       1.須田善明氏(女川町長)
       2.角田陽介氏(国土交通省都市局企画専門官、 前大船渡市副市長)
       3.臂 徹 氏(キャッセン大船渡タウンマネジャー)
       4.真野洋介氏(東京工業大学准教授)
     コメンテーター  横張 真氏(日本都市計画学会学会長、東京大学教授)
     コーディネーター 北原啓司 (日本都市計画学会東北支部長、弘前大学教授)
     
     10/22(土)9:00-12:00
       現地視察(詳細は検討中)

    資料代 : 1,000円

    ★参加希望者は、以下のフォームで、事務局にメールもしくは電話でお願いいたします。
      〇シンポジウムに   参加  ・  不参加
      〇交流会に      参加  ・  不参加
      〇現地視察に     参加  ・  不参加

    メール送付先:日本都市計画学会東北支部事務局(担当:村上)     
           cpij.tohoku[at]gmail.com
    [at]を@に置き換え下さい。
    問い合わせ先:弘前大学教育学部住居学研究室 0172-39-3438
  • 日本都市計画学会東北支部5周年記念行事震災復興問題連続シンポジウム(その2)「福島12市町村の復興に向けた現状と課題」 (2016-6-30)
  • 福島県は、2011年3月に発生した福島第一原子力発電所事故によって、重大かつ深刻な放射能被害を受けた。特に、田村市、南相馬市、川俣町、大熊町、双葉町、富岡町、浪江町、広野町、楢葉町、川内村、葛尾村、飯舘村の12市町村では避難指示区域等が設定され、多くの住民が避難を余儀なくされた。
    原発事故が発生してから約5年が経過しており、これまでに、広野町、田村市、楢葉町の3市町村では、放射能の自然減衰や除染の実施などによって放射線量が低下したこと、生活インフラ・サービスが復旧したことなどから、行政区域の全域にわたって避難指示区域等が解除されている。その一方で、その他の9市町村では、今なお避難指示が継続しているが、国は帰還困難区域以外の区域、すなわち避難指示解除準備区域と居住制限区域については、2017年3月までに避難指示を解除し、住民の帰還を可能にするとの方針を示している。
    こうした中で、福島12市町村では現在、住民の帰還を促し、ふるさとの復興を図るべく、復興拠点の整備などを進めているところであるが、避難指示の解除まであと半年余りとなった今もなお、福島12市町村の復興に向けた現状や課題について、十分に理解されているとは言い難い状況にある。
    そこで、田村市、浪江町、双葉町における復興に向けた現状と課題について紹介していただくとともに、今後の福島12市町村の復興まちづくりのあり方などについて議論することを目的として、下記の通り、シンポジウムを開催いたします。

    ご多用の中とは存じますが、ご参加いただければ幸いです。(申し込み制となっております.7/23までに申し込み下さい)



    ■日時:2016年7月30日(土)14時30分-17時30分
    ■場所:東北大学川内キャンパス・経済学部講義棟第2講義室(地下鉄東西線国際センター駅下車徒歩5分)

    【プログラム】
    1.開会の挨拶 北原啓司(弘前大学教授・日本都市計画学会東北支部長)
    2.趣旨説明  川崎興太(福島大学准教授)
    3.講演
    鈴木 浩(福島大学名誉教授)
    鎌田洋一(田村市協働まちづくり課課長)
    本間茂行(浪江町副町長)
    平岩邦弘(双葉町復興推進課長)
    4.ディスカッション
    コメンテーター :中井検裕(東京工業大学教授)
    間野 博(福島大学特任教授)
    紺野貴史(復興庁福島復興局次長)
    コーディネーター:北原啓司(弘前大学教授・日本都市計画学会東北支部長)
    5.閉会の挨拶 中井検裕(東京工業大学教授長)

    ■資料代
    1,500円

    ■懇親会
    シンポジウム終了後に懇親会を開催します(予定会費2,500円)。
    参加をご希望の方は、7月23日(土)までに,お名前、ご所属、懇親会へのご出席の有無をお書きの上、下記までメールでお申し込みください。

    ・お 申 込 先 :日本都市計画学会東北支部事務局 cpij.tohoku(at)gmail.com
    ・お問合わせ先:川崎興太(福島大学)  kawasaki(at)sss.fukushima-u.ac.jp
    ※「at」を「@」に変換いただきますようお願いいたします。

    なお、本シンポジウムは、日本都市計画学会東北支部設立5周年記念連続シンポジウムの一環です。
     第2弾シンポジウムポスター.pdf
  • 4/23のシンポの直前に、支部総会があります。 (2016-4-21)
  • もし、当日欠席の学会員の方で、まだ委任状をご提出いただいていない方は、支部事務局(村上さん)にぜひご提出いただきますよう、お願いいたします。
    また、当日出席予定の方で、懇親会出席予定の申し込みをいただいていない方も、姥浦幹事にご一報いただければ幸いです。

    日本都市計画学会東北支部 学会員の皆さま

    お世話になっております。
    東北支部事務局・弘前大学の村上です。

    先日ご案内させていただきました、
    4/23(土)の支部総会について、改めてご案内申し上げます。

    ご欠席予定の学会員の皆さまにお願いですが、
    総会の定足数がございますので、委任状に記入の上、
    必ず返信くださるようお願いいたします。
    なお、このメールは、
    既に返信いただいた会員の皆様にも送付させていただいております。

     返信締切 : 4月15日(金)

     日時:4月23日(土)
       13:00?13:45 
     場所:東北大学川内キャンパス
         文科系総合講義棟・経済学部講義棟第2講義室
     議事(予定)
      1. 支部長挨拶
      2. 議決事項:今年度予算、今年度活動方針
      3. 設立5周年記念行事について
      4. その他



    -----------------  出欠返信ご回答欄  ------------------

    ご芳名 (            )
    ご欠席の場合  いずれかに○をお願いいたします
    [  ] (1) 支部長を代理人と定めて、議決権行使に係る一切の権限を委任します。
    [  ] (2) 支部長以外を代理人と定めます。以下に代理人名を記入して下さい。
        代理人名(                  )

    sweetest_happies_355 (at) yahoo.co.jp
     **************************************************
      村上 早紀子(Sakiko Murakami)
        弘前大学大学院 地域社会研究科 住居学研究室
         〒036-8560 弘前市文京町1番地 
     **************************************************

    当日の懇親会の申し込み先
    ubaura (at) archi.tohoku.ac.jp
  • 日本都市計画学会東北支部設立 5 周年記念行事 震災復興問題連続シンポジウム(その1)「移転元地問題を考える」 (2016-3-28)
  • 被災地においては、遅いという批判を受けつつも、防災集団移転促進事業をはじ
    めとした復興事業が進められているところです。すでに新たな高台・内 陸団地
    が完成し、新たな生活が始まっている場所も少なくありません。その一方で、災
    害危険区域に指定された移転元地の利活用が新たな計画課題とし て浮上してき
    ています。そもそも土地利用需要が大きくはないことに加えて、民有地の分散的
    存在の問題もあり、その利活用が順調に進行しているとは 言えない状況にあり
    ます。

    日本都市計画学会東北支部では2014年に、すでにこの問題について基本的な考え
    方を議論するためのシンポジウムを開催したところです。それから 2年が経過
    し、各被災自治体で実際にさまざまな取り組みが行われるようになってきています。

    そこで、各地における移転元地の利活用等に関する取り組み事例をご紹介いただ
    くと共に、そのあるべき姿や実現のための具体的方策等について議論す ること
    を目的として、下記の通り、シンポジウムを開催いたします。

    ご多用の中とは存じますが、ご参加いただければ幸いです。(申し込み制となっ
    ております)



    日時:2016年4月23日(土)14時 - 17時30分
    場所:東北大学川内キャンパス・経済学部講義棟第2講義室(地下鉄東西線国際
    センター駅下車徒歩3分)

    講演者
    建設技術研究所 伊藤義之氏
    東松島市復興政策部長 小林典明氏
    仙台市都市整備部長 鈴木三津也氏
    名取市副市長 石塚昌志氏
    コメンテーター
    宮城復興局長 武政功氏
    コーディネーター
    日本都市計画学会東北支部長 北原啓司

    資料代:1000 円
    シンポジウム終了後に懇親会の準備をいたしております(予定会費2000 円)



    参加ご希望の方は、お名前、ご所属と懇親会へのご出席の有無をお書きの上、
    下記までメールでお申し込みください。

    申し込み:cpij.tohoku(at)gmail.com(日本都市 計画学会東北支部事務局)
    お問合せ:ubaura(at)tohoku.ac.jp(姥浦道生(東北大 学))

    なお、本シンポジウムは、日本都市計画学会東北支部設立5周年記念連続シンポ
    ジウムの一環です。

    詳細につきましては添付のポスターをご覧ください。
  • 東北支部研究発表会 懇親会のご案内 (2016-3-2)
  • 日本都市計画学会東北支部 学会員の皆さま

    お世話になっております。
    3月6日(日)の研究発表会について、懇親会についても決定いたしましたので、
    ぜひご参加いただきますようご案内申し上げます。

    日時 : 2016年3月6日(日)
    会場 : 東北大学 災害科学国際研究所

    ?研究発表会 13:00-17:30
    参加費 : 資料代として1,000円

    ?懇親会 18:00-19:30
    会場 : 東北大学 災害科学国際研究所 ROOM1
    社会人会費 : 4000円,学生会費 : 2000円(両方とも予定)
  • 3月6日東北支部研究発表会のお知らせ(発表応募1/22締切) (2016-1-8)
  • 日本都市計画学会東北支部総務企画委員会

    日本都市計画学会東北支部では、会員の皆様の日頃の研究活動や取組事例を報告していただき、研究交流を図る場として、2015年度東北支部研究発表会を下記の日程で開催いたします。本会で発表を希望される方は、以下の事項を参照の上、2016年1月22日(金)までに発表申し込みを提出のうえ、2016年2月17日(水)までに発表要旨原稿をご提出下さい。

    1.日時
     2016年3月6日(日)13:00-17:30
     (終了時間は,プログラムによって若干変化することがあり得ます。)
    2.会場
     東北大学災害科学国際研究所
    仙台市青葉区荒巻字青葉468-1
    3.発表応募資格
     原則として、発表者、連名者のいずれかが会員であること。
    4.発表申込
    論文タイトル、発表者名、連名者名、全員の所属、全員の会員種別を2016年1月22日(金)までに、 下記問い合わせ先までメールにてお知らせ下さい。
    5.発表要旨原稿の投稿
    発表要旨原稿の作成要領に基づき発表要旨(A4版用紙2枚または4枚)を作成し、2016年2月17日(水)までに、そのPDFファイルを電子メールで下記問い合わせ先まで送付して下さい。
    発表要旨の様式につきましては、
    MSWord(Doc)ファイルをご参照下さい。
    発表が採用された方には、発表プログラムを後日お知らせいたします。
    6.その他
     発表会終了後18:00-19:30に,上記会場内で懇親会の開催を予定しています.詳細は,後日お知らせします.
    7.問い合わせ先
    日本都市計画学会東北支部総務企画委員会
    担当:東北芸術工科大学 古藤 浩       
    送付先E-mail:koto.hiroshi@aga.tuad.ac.jp
  • 東北支部 11月見学会 懇親会のご案内 (2015-10-6)
  • 日本都市計画学会東北支部 学会員の皆さま

    お世話になっております。
    11月見学会終了後の懇親会について、会場等ご案内いたします。

    11月13日(金)
    14:00-17:00 見学会
    17:30-20:00 意見交換会・懇親会
     会場 : 「酒肴旭屋」2F(須賀川市中町17-6)
     会費 : 4,000-5,000円(予定)

    見学会と併せてお申し込みお待ちしております。
    よろしくお願い申し上げます。
  • 東北支部 見学会のご案内 (2015-9-19)
  • 日本都市計画学会の東北支部会員のみなさま

    福島大学の川崎です。
    東北支部の見学会に関するご案内です。
    今年度は、福島県須賀川市の見学会を企画させていただきました。
    日時やプログラムなどについては、下記の通りです。
    申込期限につきましては、10月30日(金)とさせていただいております。
    ぜひご参加いただければ幸いです。
    よろしくお願いいたします。

    ■日   時:2015年11月13日(金) 14:00-20:00
    ■場   所:福島県須賀川市
    ■プログラム:以下の通り
      14:00    集 合:須賀川駅改札口
      14:00-17:00 見学会:藤沼湖災害復旧現場周辺(藤沼ダムと周辺公園)
                   →新庁舎現場
                   →都市再生事業地区・被災建築物再生事業地区(被災蔵再生や広場など)を予定
                   ※バスと徒歩で移動
      17:30-20:00 意見交換会・懇親会

    ■参 加 費:見学会は無料
           意見交換会・懇親会は4000-5000円
    ■定   員:20名
    ■備   考:(1)車でいらっしゃる方については、市役所駐車場(仮設庁舎前、または、すかがわアリーナ前)をご利用いただくとお得です。
            また、13:45までに、市役所玄関前にお集まりいただければ、集合場所である須賀川駅までバスで移動することができます。
           (2)宿泊については、須賀川市のホテルが満室の場合、郡山市が便利かと思います。
           (3)翌日11月14日(土)に、日本三大火祭り「松明あかし」が開催されます。
            ご都合のつく方は、ぜひ。詳しくは須賀川市HP    
            (https://www.city.sukagawa.fukushima.jp/)をご覧ください。
    ――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
    ―――――――
    ■申し込み
    (1)申込期限:2015年10月30日(金)
    (2)申込方法:メールにて、下記の申込先までお送りください。
    (3)申 込 先:福島大学 共生システム理工学類 川?興太
          E-mail:kawasaki@sss.fukushima-u.ac.jp
    (4)記載事項:氏名、所属、電話番号、
          申込内容(「見学会」と「意見交換会・懇親会」の両方に参加か、いずれか一方に参加か)
    (5)車でいらっしゃる方で、市役所から集合場所である須賀川駅までの交通手段としてバスをご希望の方は、
           その旨を記載してください。
    (6)そ の 他:大学の研究室から複数の方が参加される場合は、可能でしたら、研究室単位でお申し込みください。
  • 東北支部からのご案内 シンポジウム 東日本大震災からの復興まちづくり「これまでの5年」と「これからの5年」 (2015-6-26)
  • このたび東北支部では、シンポジウム?東日本大震災からの復興まちづくり「これまでの5年」と「これからの5年」?を開催させていただくこととなりました。
    震災から5年が経過し、これまでの復興まちづくりの取り組みと課題への対応を振り返るとともに、識者との意見交換を通じてこれから5年間の復興まちづくりで取り組むべき方向性を模索していきます。

    日 時:平成27年7月18日(土)14:00〜17:00
    場 所:東北大学川内キャンパス総合研究棟(C19)第2講義室
    主 催:日本都市計画学会東北支部、東北大学経済学研究科震災復興研究センター
    後 援:宮城県、宮城復興局
    参加費:千円(資料代として)

    ■シンポジウムプログラム
     第一部:基調講演
     「これまでの5年」と「これからの5年」
       遠藤 信哉氏(宮城県土木部長)
     第二部:報告、現場の取り組みから見る「これまでの5年」と「これからの5年」
     「岩沼市が目指す復興まちづくりの姿」
       井口 経明氏(前岩沼市長)
     「札幌市による山元町支援から見える復興まちづくりの視座とまちの魅力づくり」
       星 卓志氏(工学院大学教授、元札幌市都心まちづくり推進室長)
     「新しい東北に向けた復興まちづくりの戦略と現在の取り組み」
       皆川 猛氏(復興庁宮城復興局次長)
     第三部:パネルディスカッション
     「創造的復興と地方創生〜持続可能な地域づくりを目指して何をすべきか〜」
       パネリスト 遠藤 信哉氏(宮城県土木部長)
              井口 経明氏(前岩沼市長)
              星 卓志氏(工学院大学教授)
              皆川 猛氏(宮城復興局次長)
    コーディネーター 北原 啓司(当学会支部長、弘前大学)

    ■懇親会のご案内
     シンポジウム終了後に懇親会を開催します。
     ・開始:17:30〜
     ・会場:東北大学生協
     ・会費:教員・一般4,000円、学生2,000円(予定)

    ■お申込先
     シンポジウムに参加される方は、「氏名・所属」を明記の上、7月10日(金)までに、事務局の村上(sweetest_happies_355@yahoo.co.jp)まで御連絡下さい。懇親会に参加される場合は、「懇親会参加」と付記ください。
  • 東北支部 総会・シンポジウムのご案内 (2015-4-16)
  • このたび東北支部では、支部総会を開催いたします。

    併せて支部企画として、シンポジウム「東北発コンパクトシティの実現に向けて ―立地適正化計画制度の可能性─」を開催させていただくこととなりました。
     人口減少や少子高齢化など刻々と変化する社会経済潮流に対して持続可能な社会を構築するために、東北地方においては東北圏の特性を踏まえた「東北発コンパクトシティ」の考えを整理し、コンパクトなまちづくりの実現に向けた取組みを進めてまいりました。このような中、都市再生特別措置法等の一部を改正する法律が、平成26年8月に施行され、「コンパクトシティ・プラス・ネットワーク」の理念の基に、地方自治体による立地適正化計画の策定に向けた動きが進んでおります。本シンポジウムでは、東北発コンパクトシティの実現に向けて立地適正化計画制度の可能性について、皆さんと議論を深めていきたいと考えます。

     日時 : 平成27年4月18日(土) 
     場所 : 東北大学 川内キャンパス総合研究棟(C19棟)第2講義室
       ? 総会 13:00?14:00
       ? シンポジウム 14:00?17:00
         ※資料代として1,000円いただきます
        ■基調講演:
         「立地適正化計画制度について」
           大島英司国土交通省都市局都市計画課課長補佐
        ■事例紹介:
         「弘前市の立地適正化計画策定の取り組みについて」
           浅利洋信弘前市都市環境部長
         「むつ市の立地適正化計画策定の取り組みについて」
           宮下宗一郎むつ市長
        ■パネルディスカッション:
          コーディネーター
            北原啓司弘前大学教授(日本都市計画学会東北支部長)
          パネリスト
            宮下宗一郎むつ市長浅利洋信弘前市都市環境部長
            中出文平長岡技術科学大学教授
            姥浦道生東北大学大学院工学研究科准教授
            大島英司国土交通省都市局都市計画課課長補佐
            脇坂隆一前・東北地方整備局建政部都市調整官 
        ※主催 : 公益社団法人日本都市計画学会東北支部
             社団法人都市住宅学会東北支部